2007年05月27日

小指がキュートな熊

ずいぶん前の話になるのですが

カケラ君の姉の友人、通称Mr.Mに

執事バーなるところへ連れて行ってもらいました。

 

執事バーとは

数年前にやんやブームになりかけて冷や汗をかいた記憶も懐かしい

メイド喫茶をも空想を働かせるネーミングですが

似て非なるものでした。

 

店内はすごいシックで

薄暗い照明

姿勢の整ったバーテンダー2人

カウンターで悠々と飲む客2人

 

もちろん飲みに行った事のない

私たち仲間内4人は大慌て

奥のテーブル席に腰を下ろしました。

 

キャイキャイ言いながらメニューを見ていて

絶対成人じゃないだろうとのことは丸分かり

それでも何も言われなくてよかったです。

ウイスキーやらカクテルやら燃えるアイスやら

存分に飲ませていただきました。

 

M2オススメの「モヒール」を頼むときのことなのですが

執事さんが注文をとりに来たときのことです

「ご注文は?」

の言葉のあとM2と執事がやんや会話をした中に

「執事ですから」

の言葉に反応した私は

「じゃぁモヒールを頼む」

と態度よく言ってみたら

「御意!」

と応答

絶対この人たちこういう会話の流れ慣れてます。

 

楽しく美味しく飲めました。

 

そのあと腹が減ったとのことで

お店に寄ったのですが

そこのカツサンドがやたらうまく

もう飲まないつもりだったのに

白ワインを飲ましていただき

挙句の果てには

「ニコラシカ」というブランデーのカクテル

飲まされ

足ガクガクになりながらカラオケに行きました。

 

 

うまかったっす!

posted by 天然水 at 02:16| 愛媛 | Comment(39) | TrackBack(8) | 日記のようで日記である | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。