2006年02月17日

「爆弾発言の不発・・・か。 悪くないな」

皆さん聞いてください。

とうとうあのハバネロ君がヤットなったんですよ。

これは売れ嬉しいったらありゃしない!!

 

 

DVC30051

 

初期のハバネロの実

 

見てくださいこの初々しい姿

色形共にすばらしいじゃないですか。

ハバネロというのは青いうちが一番辛いと言われています。

じゃぁ香辛料の本命としたらまさに今が旬

頬張りたい。

今すぐ抱きしめたい。

ってか誰かに食わせたい。

そんな思いを押し殺して待つこと待つこと3ヶ月

ほんのり色がつき始めたのが1ヶ月前

「こんなになるのって遅いの?」 

 

日に日に赤くなっていくハバネロを実ながら

絶対これ日光不足だよ

と思ってました。

「植物は朝日が一番いい」と友人に教えてもらいましたが

ばっちり西日は当たらない!!

夏場なんかすがすがしいぐらいあたらないので

なんだか快適なほどのこの部屋

朝日なんて絶縁です。

夕方になるにつれて日はあたってくれるのですが

なんだか日当たりがいいんだか悪いのか分からないから

うん

 

だけど徐々に赤くなってくれて安心!

そんな赤くなった姿がこれ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

DVC30048

 

 

 

 

 

 

 

逆!!

 

 

 

でも素敵!!

 

 

結局バレンタインまでには間に合わなかったけど安心!!

ホワイトデーと言う日本の風習のおかげで

対象は変わりましたが使えそうです。

円熟するまでしっかり待ってます。

 

それでは皆さんごきげんよう!!

 

また会える日まで

 

posted by 天然水 at 23:09| 愛媛 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記のようで日記である | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月12日

金輪際聞きたくない素敵な音色

バレンタインチョコ作るときっていたチョコ10枚ぐらい一気に買うんですね。

正直びっくりした。

 

作るほうと貰える方

この2者がありますが

今年ももちろんおとなしく

 

狩るほう

へ回りたいと思います。

 

去年は散々な目にあった出汁ですが

今年は志向を変えて

獲物は2人

協力者も増えたため

盛大に本気で参りたいと思います。

 

 

覚悟しましょう。

posted by 天然水 at 22:12| 愛媛 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記のようで日記である | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月10日

土管の中の不振な物体

今まで散々鬼について語ってきましたが

まだまだいけそうです。

若いっていいですね。

 

一番おいしいと言えるところを見逃していました。

 

「鬼ごっこ」って何ですか?

 

名前のとおりじゃないか!!と豪をを押す人もいるかもしれません。

それも分かります。

人に鬼ごっこのやり方について聞くと

たいていの人はすんなり答えます。

むしろ答えれないほうがあれ?です。

地方によってはやり方もさまざまですが。

 

少し方向は変わりますが。

地方によって遊び方が変わる伝統的な遊びとか結構ありますよね。

県内でもかなり違うときもあるんです。

全国区なんて飛び上がるでしょう。

一例を押すとだるまさんころんだでしょうか。

私が現に遊んでいたときには純粋なだるまさんころんだ。

掛け声言う人が振り向いたときに動いていた人がだるまさんいつか待っていくという。

あれ?よく考えれば怖いな

と思わせる遊びです。

ミッションインポッシブル

危険な香り

今となってはルールが違うんですね。

もうだるまさんは転ばないんです!!

だるまさんが○○なんです。

たとえば

「だるまさんがゆでたまご!!」

といったら

ゆで卵に関連したポーズで固まらなくてはならないのです。

食べていてもOK

ゆでていてもOK

筋肉マンでも私たちの世代ではOKと

かなりバリエーションは広くなります。

世の中は確実に進化しています。

でも今まで道理に

「転んだ!!」ってなると

本当に転ばないといけないんだね。

 

戻ります、

 

しかしだるまさん転んだは遊び方が異なっていても

鬼ごっこは違うと思うんです、

シンプルなルール

鬼になった人が逃げ回っている民衆を捕まえる

これだけのことです

 

ではここで本題になります。

 

鬼とは何なのか?

 

いままで綴ってきた中では

鬼は強かったり弱かったり

今回は強い弱いとかじゃない

なんなのか

そこに触れて生きたい。

 

なぜ鬼ごっこなのか

○○ごっこと言うのは

ごっこ遊びと言うぶるいにはいります。

何かになりきって

自分が主人公になって征服感・達成感など

欲望を満たす遊びです。

そうなってしまうと鬼ごっこは鬼になりきる遊び

心も体も鬼になりきり

鬼のように民衆を襲う

そんな遊びなのでしょう。

 

では結局は鬼になった人が主人公なのです。

 

主人公の鬼

 

次はつかまるとつかまった人が鬼になると言うことです。

つまり鬼というのは「のろい」や『伝染病』なのでしょうか。

小さな村で突然とはやった伝染病

人を襲わずに入られない衝動

早くこの苦しみから逃れたいがために

人を襲って・・・

こういった起源だといやだなぁ。

 

本当の起源って何なんでしょうね。

百科事典で調べてみたけどルールぐらいしかでてきませんでした。

 

以上のことをまとめてしまうと

鬼というのははやり病や伝染病及び呪いで

隔離された村の中で起こったことが起源ということになりますが

子供の遊びとしては怖すぎます。

誰かやんわりとした起源、くうそうでいいですからお願いします。

 

将来

鬼ごっこという遊びはどうなっているのだろう・・・。

posted by 天然水 at 23:19| 愛媛 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | ネタのようでネタである | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月05日

春が恋しい 春が恋しい

お久しぶりです!!天然水です。

もうご無沙汰

気がつけばあけましておめでとうって言ってなかったよね。

ではみんな

あけましておめでとう。

 

最近学校行事であるマラソンの練習が体育を通じて行われております。

最近全く運動していなかった当方にとっては

きついものかと思っていたのですが

 

きつかった。

 

 

以前私が猛スピードで自転車を走らしていたのですよ。

現地でナウい言葉で表したら「激チャ」ね

途中ものすごくのどが渇いたんです。

さいきんっほんと便利になったもので

立ち止まって辺りを見回すと

辺りはオアシスだらけ

 

「幸せです!!」

と思いながらアミノ酸飲料を飲みながら

ガシガシ距離を伸ばしていたのですが

気がつくと疲れていない

科学だ

これは科学の結晶です。

 

後日マラソンが苦手な友人にこれを教えたところ

「マジですか!」と絶賛

「ほんとに疲れない!!」をまた絶賛。

 

いいことしたよと思いふけってました、

ためしてね。

 

話はセ・リーグからJリーグぐらいずれますが

私が夏ごろから育てはじめたハバネロなのですが。

説明書には

「8月ごろには豊作の嵐!!」

とか書いていたのに

今までに実がなったのはたったの1つ

しかも現在に至るまでまだ熟していない。赤くなってない

「もうこうなったら来夏まで持ち越しだ」と意気込んでいましたら

なんだかだんだんと赤くなってきています。

もしかしたらバレンタインまでには間に合うかもしれません

どう高校の男子諸君

待っていたまえ

posted by 天然水 at 23:03| 愛媛 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記のようで日記である | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。